ペット信託について

飼い主様が万が一のとき、ペットちゃんのお世話を引き継いでもらえるようにする「ペット信託」。
最近聞かれるこの言葉、実はペットちゃんの飼い主様にご高齢の方が多いからです。
信託するタイミングは、死後だけでなく、老人ホームに入るときなどご本人様で設定できます。
実際、この信託の手続きを行うのは、司法書士・行政書士が多いようです。
遺言書・お金が絡むからです。
遺言書一つとっても公正証書遺言のほうがよく、「ペット信託」はかなりの費用になるようです。

 

福岡のペット火葬・葬儀・供養・埋葬に携わる 愛情ペットセレモニーをよろしくお願いします

前の記事

犬猫よろず相談

次の記事

ペットの平熱